高収入の職業について 高収入の職業 別の年収 ランキング

年収2000万以上の医師の求人とは?


高収入と言えば、やっぱり医者のイメージはありますが
特に高収入の医者を限定にした求人サイトがあります。





年収2000万の医者の求人なんて
そんなに無いだろうなと思っていたら・・・

なんと、全国でも8万件以上の求人があります。

あるところには、あるのですね(遠い目)

年収2000万以上の医者の求人限定はこちら

僕も医者を目指せば良かったなと、今更ながら思いますが
医学部を出るまでに、1000万以上のお金が必要と言われているだけに
そんな簡単な職業ではないですね。

とはいえ、もし、あなたが医者なら
もしくは、医者を目指すならば
やはり年収2000万以上の医者を目指さないとですね。

外資系コンサル会社は給料が高い?

外資系のコンサルティング会社の給料ってどうなんでしょうか?

アビームとか、アクセンチェアとか
デロイトトーマツとかとか・・・

洗練されたカッコいいイメージで
就職活動でもかなり人気のある企業です。

で、仕事の方がかなーりハードワークです。

残業当たり前、終電帰宅当たり前のこれらの会社は
死にそうなくらいに働きます。

そして、給料はやっぱり高いです。

入社数年で年収500〜600万円あるのは
普通なんじゃないでしょうかね。

一般的な企業でいえば、かなり高額クラスだと思いますが
外資系企業の方では普通というか、むしろ低い方かもしれません。

やはり外資系金融が一番高額報酬ですね。
そして仕事も恐ろしいほどにハードですね。

高収入の求人には

ネットで高収入の求人募集を見ていて思うこと・・・
それは、やはり技術者に対する需要が多いということです。

ネットの世界は、ホリ○モンや○木谷のイメージが強いせいか、なぜか楽して儲かる、と錯覚してしまうことが多いし、またスマートな仕事に見えることもあって、ネットでの求人の人気があいかわらず高いようです。

しかし、やはり世間一般の求人と変わらず、高収入を得るためには技術、知識が必要だし、そうでなければ安くない投資が必要になります。

そして、仕事を取るとなれば、スマートだけではだめで、結局は対人関係でのエチケットが大事であることには変わりがありません。
顔を合わせて仕事をする場合が少ない分、普通の仕事関係以上に、気を使わなければならないことが多くなるとおもわれます。

例えば、納期一つとっても、普通の仕事なら相手の顔が見えている、つまり相手の仕事の内容ばかりでなく、性格や癖なども知っている状況なら、納期について多少タイトでも間に合うのか、余裕を見なければ間に合わないのかが予想できます。
顔が見えていないと、どうしても完全に信頼するところまでは行きませんから、常に心配になります。

ですから、そうした心配を相手に与えないようにするには、納期厳守は絶対条件になってきます。

高収入をうたった求人であればあるほど、質を含めてビジネス上の要求は一層厳しくなりますから、それに答える技術やマナーが必要になる、というわけです。

楽して儲けることはできませんね。

高収入の職業って何?

高収入な職業・・・思いつくのは、医者や弁護士が真っ先に浮かんできますね。

最近では医者不足が社会問題になり、どちらも絶対数が少ないです。社会的な影響力の大きい仕事ですから、高収入であることは、ある意味必然かもしれません。

また、スポーツ選手や芸能人などは、特殊な才能や能力、あるいは特別な運に恵まれた人たちが就く職業は特別です。これらの職業は別にして、高収入な職業に就くためには、努力が必要なのです。

しかし、その人たちは努力はしていますが、特別な能力があったわけではありません。試験で一定の点数を取り、数年間の訓練を受けて、そうした高収入な職業に就いたわけです。

ボールを150キロで投げる、歌をすごく上手に歌うなどということができるわけではありません。

確かにそうした試験に合格することは難しく、時間も費用もかかります。ですから、高収入な職業に就いている人たちはけっしてあきらめない、という能力を持っていた。そして、結果を一言で言えば、その試験に合格するために努力した、ということなのです。

もちろん高収入な職業についている人たちは、学校の成績が良い人達が多く、いわゆるエリートと呼ばれる人達が多いです。努力すれば誰でもなれる、などと簡単に言うつもりはありません。

しかし、高収入な職業に就くためには、特殊な能力や条件が絶対的に必要なわけではないのです。

結果的には、一定の努力をたゆまなく続ける事と、その仕事に対する情熱が大事なのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。