パイロットについて 高収入の職業 別の年収 ランキング

パイロットについて

憧れの職業パイロットですが、副操縦士:平均1,500万円、機長:平均2,300万円です。

パイロットの給与体系は経験に比例します。まず、初任給は平均で19万円ほど。初任給は一般の職業と変わりありません。その後、副操縦士になるまでの間は年数ごとに定期昇給します。

晴れて副操縦士になった場合の平均収入はANAで1,500万円、JALで平均1,200万円ほどと言われています。

さらに機長となった場合の平均収入はANAで2,300万円、JALでは2,200万円ほどです。

日本の主な航空会社のパイロット年収は、大手のANA、JALはともに2,000万円前後なのに対し、スカイマークは675万円とANA、JALの1/3程度となっているそうです。

パイロットの平均年収は1,295万円となっていますが、ボリュームゾーンとしてはANA、JALの2,000万円のゾーン、スカイマークなどの1,000万円以下のゾーンと完全に2極化しています。

国内のパイロットとして高収入を期待するのであれば、ANAJALへの就職がカギになりそうです。

憧れのパイロットになるまでは最低5年はかかります。副操縦士で平均5年、機長には平均15年!さらに6次の試験にパスしなければならない。
最低5年というのは副操縦士になるまでの平均年数で、実際に機長となるには平均15年かかると言われています。

さらに、副操縦士までの5年も決して平坦な道のりではなく、筆記、面接、心理適性検査、管理職面接、飛行適性検査、英会話、集団討論、身体検査など試験項目は多彩で、6次試験全てにパスしなければなりません。

さらに、その間に国家資格である事業用操縦士などの免許、米国で単発エンジンや双発エンジンの操縦を身につけ、大型機のライセンスを取得しなければなりません。

こうして全ての項目にパスした人間のみ副操縦士として実際に乗務することができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。