ファンドマネージャーについて 高収入の職業 別の年収 ランキング

ファンドマネージャーについて

ファンドマネージャーとは?
投資信託など、不特定多数の人や企業から多くの資産を預かって、それを運用して増やしていく仕事のことです。

ファンドマネージャーになるには?
一般的に、経済学を学んだあと、投資信託会社に入社し、証券アナリストとして経験を積み、運用部門でファンドマネージャー・アシスタントとして先輩に就きます。
そして実際にファンド運用を経験して実績を上げたのち、金融庁にファンドマネージャーとして登録します。

業界では「5年で一人前」と言われ、本領を発揮するのは早くて30代前と言われています。

外資系では平均2,000万円で1億以上もごろごろいるほど、ファンドマネージャーの仕事は、非常に高収入と言えます。

外資系運用会社なら、30代前半で年収1,000万円以上はほとんどで、2,000万円以上を稼ぐ者も少なくありませんが、日本の生命保険会社、銀行系列勤務ですと成果報酬率が低く、1,000万円程度と言われています。

外資系運用会社のファンドマネージャーの給与体系は基本給プラス成果報酬となります。一般的に成果報酬は、ボーナスに反映されます。

例えば、外資系ファンド「ゴールドマンサックス」で見てみると、社員の年間平均給料が5,000万円と驚くべき数字です。給与体系は個人のトータルコンペンセーションが決定され、基本給を差し引いた金額がボーナスとなります。

こうして出たボーナスは理論上、青天井となるため、一般企業では考えられない高収入となります。

良いことずくめのファンドマネージャーですが、実態は厳しい世界です。結果がすべての勝負の世界ですので、その世界で生き残るには体力、精神面でかなりのハードさを要します。

疲労、精神的苦痛から体調を崩す者は続出し、入院する社員もごろごろいます。また、業績の悪い社員には退職金を上乗せするなど好条件を提示され、退職を奨励されます。

近年、何かと話題のファンドマネージャー。最近では、米国発の金融危機で職を失ったファンドマネージャーがたくさん出てきたようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。