弁護士の仕事 高収入の職業 別の年収 ランキング

弁護士の仕事

高収入な渉外弁護士ですが、大手なら1年目から1,500万円、パートナーになれば1億超にもなります。
渉外弁護士とは、法務業務(大企業相手、外資系企業相手に企業内で起きた様々な問題を解決する業務)を主に扱う弁護士で俗に「法廷に立たない弁護士」と言われています。
今、若い人を中心に人気の弁護士がこの渉外弁護士です。
というのも収入が最も高いとされているからです。

大手渉外弁護士事務所に就職できれば、年収1,500万円越えが1年目から可能になるそうです。中小の渉外弁護士事務所にしか入れなかったとしても、5年も働けば大手渉外事務所の初任給と同程度の額になるそうです。

さらにパートナー(共同経営者弁護士)に出世できたなら、渉外弁護士として年収1億円も夢でもないそうです。

ちなみに日本弁護士連合会が2004年に実施した「弁護士実勢調査」では、回答者のうち4.8%が「申告した収入額」を1億円以上とし、そのほとんどが渉外弁護士でした。
町弁は、渉外の年収の7〜8割。ただし、プラスアルファがあります。

一般的な民事が中心の町弁勤務だと・・・渉外事務所の収入の平均2〜3割引が相場とされています。ただし、こうした事務所は個人的にとってきた仕事の報酬は自分のものになるため、その分の収入が加算されます。

平均200〜300万円のプラスは当たり前で、プラス数千万円という例もあるようなので、場合によっては渉外弁護士よりも稼げるかもしれません。



地方での独立開業も狙い目です。日本のほとんどの地方部は弁護士過疎地帯と言われ、大都市圏での開業はそれなりの営業努力が必要でも、田舎に行けば仕事は山ほど転がっています。

独立して高収入、ボス弁になれば1億超えも。
地方で一国一城のボス弁になれば年間1億円以上の稼ぎも珍しくありません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。